Cool but natural...で行こ~

coolbutnat.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 12日

緊急レポ…クラシックレンジ リヤデフオイル漏れ ハブ分解修理だよ…の巻



クラシックレンジ94年式(後期)のリヤデフホーシングよりデフオイルが漏れてくる…


タイヤホイールはご覧の有様。


英国四輪駆動車部品販売の舘脇さんに相談し、リヤハブオイルシール不良で間違い無さそうとの事。


リヤハブは分解すると、開けてビックリ玉手箱…が多いそうで周辺部品を一式送って下さるという。


神対応な舘脇さんのお申し出に甘え、早速修理しましたのでレポートします。

c0348490_20245638.jpg



舘脇さんから届いた部品と共に部品展開図に、懇切丁寧な説明書き付きのイラストが同梱されてました。本当に助かります。

c0348490_20410688.jpg



⑦のオイルシールが怪しいらしい。


早速、いつも公私共にお世話になっているガレージ先輩の工場で作業開始!

c0348490_20262305.jpg



なんと!キャリパーにロッキードと書いて有ります。APロッキード(現デルファイ?)の対抗2ポッドキャリパーです。凄い高級キャリパーですね!ビックリです。


先ずはハブ中心部の5本のボルトを緩めます。写真は有りませんが、ドローッとデフオイルが溢れて来ました(笑)やはりオイルシール不良は間違い有りません。


ちなみにドライブシャフトのハブ側ガスケットをしっかりシールすれば、漏れは治るかもしれません。しかし!グリスたっぷりのハブベアリングにデフオイルが回りますので、分解修理は必須ですね。焼き付きの危険がある気がします。

c0348490_20281993.jpg



薄いガスケットを介してドライブシャフトがガッコーンといきなり抜けて来ました。ガレージ先輩曰く、トラックと同じ構造だそう。へぇ〜。さすが兄貴(笑)

c0348490_20294819.jpg



ハブ中心部のロックワッシャの折り曲げを広げて手前ロックナットを緩めます。ココはキツく締まってはいません。インパクトは使用禁止です(笑)

c0348490_20310078.jpg



手前ロックナットを緩めればこのロックワッシャはペロンと外れます。折り曲げてあるだけですからね〜。ロックワッシャを外して奥側のロックナットを緩めてハブ・ローターを外します。ベアリングも外れます。順番忘れ及び落下注意です!

c0348490_20315409.jpg



ローターを外すとスピンドル?が出て来ました。スピンドル周りの6本のボルトを外します。

c0348490_20324541.jpg


これでハブ周りの分解は完了です。…意外とすんなり分解出来て拍子抜けします。

c0348490_20333984.jpg



問題のシャフトオイルシールですが…




…無いね(笑)どこにも(笑)…溢れ出たデフオイルに金属片が混ざってましたので、脱落・破断してデブギアにすり潰されたと考えるか…入れ忘れか(笑)


…恐らく前者だと思われます。


反対側も勢いに任せて着手しましょう。

c0348490_20343549.jpg



此方は見よう見まねで私が分解。オイルシール不良は有りませんでした。
c0348490_20351583.jpg



ベアリングやロックナットは問題有りませんでした。オイルシール・ガスケット・ロックワッシャを交換としました。

c0348490_20372436.jpg



ハブ&ローター・スピンドル・ベアリングを徹底的に洗浄して貰い、グリスを入れ替え。

c0348490_20392405.jpg



そして組み付け。先輩が悩んでいたのはオイルシールの向きでした。


無事、組み付け完了。着手ついでにブレーキパッドも交換。
c0348490_20383512.jpg


走行テストも無事クリア。


少しずつ、でも確実に良くなって来てます。


次は燃料タンクかな…



おしまい



[PR]

by boogiecat610 | 2017-06-12 22:57 | Comments(0)


<< 2017年5月30.31日…新...      5月12日 ふもとっぱらで音楽... >>