Cool but natural...で行こ~

coolbutnat.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 21日

ヒルバーグ アラックを秘密の山でコソ練…の巻



寒い毎日が続いてますね。皆さんお風邪などひかれてませんでしょうか?


さて、冬季キャンプに備えて。また、今後のキャンプライフも見据えて、悩みに悩んだ結果我が家が選んだ新しいテントは…


c0348490_21281461.jpeg


「ヒルバーグ」の「アラック」でした。



c0348490_21575004.jpeg



お気に入り幕だったMSRのモールーム3をオークションに出品。それから、バイク用に持っていたウエストライドのオールウェザーダウンジャケットも…。

c0348490_21123672.png
@朝霧ジャンボリー ホント良い形だなぁ…「キレてるデザイン」なので今後値上がりするかも?


モールーム3とダウンジャケットで資金作りし、アラックを少しの追い金で購入する事が出来ました…(T_T)うーん勿体無い。でも資金不足なら出番の少ない物を手放すしかないさ…。




届いたばかりのアラックと、お手軽デイキャンプギアを部屋から選抜し秘密のお山へ、コソ練に出発!


c0348490_22065261.jpg

秘密のお山は、母親のお友達が持っている柿畑。夏に雑草が肩くらいまで伸びるので草刈りをお手伝いさせて頂く代わりに、自由にキャンプの許可を頂いているお山。

水道もトイレも無いワイルドな俺のキャンプ場さ。鹿のフンが結構コロコロしてるぜ。

柿?今はもう収穫してないので実が成ったら落ちて肥料だぜぇ。



1月19日、寒風吹き荒ぶ中アラックの試し張り兼、プチデイキャンプに行って来ました。



c0348490_15202286.jpg



なんでアラック?ヒルバーグにも色々あるのに。って。



c0348490_15211364.jpg


登山はまだしてませんが候補は色々有りました。


「ヤヌー」 形が好きだが出入りがしにくい様子。前室の角度も鋭角なのでストイック過ぎるかなと…

「ナロ3GT」 地面に張り付く感じがカッコ良く、耐風性も高そうだし設営もし易いが、展示会で実物を見ると入り口が入り辛かった。アヒルのようにヨチヨチしないと入れない。極所用なのかなぁという印象・・・

「ケロン3GT」 出入りもしやすく使い勝手が抜群。設営もし易いが…ビニールハウス感がどうしても気になる…でも人が張ってるとカッコ良く見えるんです。いつか欲しい、けど最初じゃないという結論に…

「スタイカ」 ハッキリ言ってアラックと変わらないのだが1週間近く見比べた結果、ルーフトップのフライが大きいアラックに恋心が芽生えてしまった…。しかもグリーンが最高。メッシュインナーにした時のグリーン&ブラックがとてもクール。

「サイタリス」…高くて買えぬわ(´Д` )ヌググ・・・値上がりしたら30万コースか。


結果、「アラック」のグリーンを選択しました。
・前後に三角形の使いやすい前・後室がある
・出入りもドア部分が高く切れ込んでいる為、そんなにしにくくない
・吊り下げ式インナーは開閉が正直メンドクサイが、インナーが直角に引っ張られているので居住性が高い

決定打は

・我が家のスタイルに馴染みそうだし、佇まいに恋してしまったから



あ、そうそうヒルバーグはモデルによって似合う色が違うから不思議。しかもソレは多分人それぞれ違うと思われる。



スタイカ・ケロンはサンド、ナロ・カイタムはグリーン、アラックもグリーンかなぁ。
他は…人それぞれでしょうか。アクト・ライド・エナン等コンペ系はレッドかなぁ・・・。



c0348490_15230527.jpg
c0348490_23560840.jpeg


スタイカをお使いの先輩にアドバイスを頂き、フットプリントは付けたまま広げて設営がよろしいとの事。写真を撮りながらゆっくり設営で15分でした。

気合いでシャカシャカやれば5分で建てられそうです。それぐらい簡単…というか良く考えられているので早く建つといった感じです。

3本共通の長さのフレームを青・白・赤のスリーブに通し、プラのフックをパチパチと引っ掛ければもう自立してしまいます。フックも考えられていて1個ずつ交互に左右を向いています。

突風で外れたときに一気に外れないようにしているのではないかと思います。天井のベンチレーションもルーフトップにフライがかぶる事によって雨天でも換気できるという優れもの。

※補強の為にポールをダブルにする事も可能で、ポール2本にした際、フックが2本とも上手に掛けられるようにしてあるようです。いちいちよく考えてあるなぁと感心します※


c0348490_23575386.jpeg


重量は結構ありますが、しっかりとした作りで、高いのにも理由があるのだなぁと感心しました。でももう少し安く新品が購入できれば一番ですけど。

そういえば、tent-Markの「グランドハット」が非常にこのアラックやスタイカによく似ているテントですね。プロデュースした小雀さんは多分サイタリスをお持ち?で、道具にも精通していらっしゃるのでおそらく、このよく出来たヒルバーグを「参考」にして国産で作ってみた物…と思われます。これで39,800円(税抜)は、破格と思います。・・・でもヒットしないのはヒルバーグやMSRなんかの「なんとも言えない雰囲気」が出ないからなのかもしれません。


c0348490_12493443.jpg
使えば間違いなく値段の割りに、相当良いテントなんでしょうけれども、漂うWILD-1感が凄い。
色の問題?オールグリーンにしたらアレだし、赤にしたらパンダとかぶるし・・・サンドカラーはご法度なんでしょうか?いっそローリーポーリーの黄色の方がアリかも。
「わかば」ってタバコを思い出しました。決して嫌いではありませんケド。




さてさて。寒風吹き荒ぶ中、タープもやっとこ設営してコーヒーを…飲みましょうかね。


しかし気温は1桁台。風速7〜8m。お久しぶりのMSRウィスパーライトにEPIの風防でお湯を沸かしましょう…と思ったのが甘かった。
※何も深く考えずに道具を選抜してきたが超カラフル!色味って重要だと再認識。ナルゲンの紫ピンクが原因と思われる※


c0348490_15072031.jpeg



結論から申し上げて、強風の日は最もキャンプしにくいと改めて実感。


1.ウィスパーライトのプレヒートが危険過ぎ。山火事になりそう。幕も燃やしてしまいそう。地面には枯葉、テーブルの上にはタープ…結局着火後手で持ってプレヒート。風が巻くので超恐い!!

2.風防が風で飛ぶ時は一体どーすんだよ…と本気でイライラした(笑)前室でガソリンストーブ炎上してアラック半焼、ヤケドした方のブログ記事を読んでしまったし…

3.で、風防の端の長い尖ったピンは地面に打ち込む為にあるのだとココで気付く(遅)結局湯沸かし中は風防を手で押さえていた。

4.タープに使った20cmソリッドステイクは強風ですっぽ抜けて背中に飛んできた。前日の雨で地面が緩かったのと、風が強すぎる日はタープはやっぱりダメ

番外編で、ヘリノックスの足が地面に埋まり、先端のチップ?を紛失…初期の先端チップは現行と形が違うのでちょっと貴重だったのでガッカリ。





被害は甚大です(´Д` )トホホ




それでは、ヒルバーグ アラックとローカスギアXタープの組み合わせでお別れです。


c0348490_00075939.jpeg
c0348490_15050881.jpeg

よーく考えて考えて購入したので、予想通り良いテントです。これからどんどん使ってあげようと思います。残念なのはアラックはオークションでの落札ですが、前使用者のコロン?のような香水臭と加齢臭がほんのり香る事。新品よりかはかなり安く買えたので、いっそクリーニング出そうかしら。
c0348490_00090633.jpeg
ウーン・・・まだ見栄っ張り感があるなぁ・・・




はいっ(*_*)つまり雨より強風の方がキャンプ不能って事で。アラックは平然としてましたが。

まとまりの無い記事でしたね…。今週末は地元のキャンプ場に久しぶりの冬季ソロを敢行予定です。





おわり




[PR]

by boogiecat610 | 2016-01-21 00:30 | Comments(0)


<< 決戦前夜…の巻 ※不戦敗(笑)      うずうずしてきたので、キャンプ... >>