Cool but natural...で行こ~

coolbutnat.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 23日

竜洋海洋公園オートキャンプ場に行って来ました

磐田市の竜洋海洋公園オートキャンプ場に一泊二日で行って来ましたので簡単にレポートしたいと思います。

c0348490_21445625.jpg
我々夫婦と、嫁さんのお母様とそのお友達、嫁さんの甥っ子姪っ子との6人で1区画分を予約し、フリーサイトで過ごして来ました。
c0348490_21505916.jpg
9時に東名沼津インターを出発し、11時過ぎに到着。13時からがチェックイン時間でしたが、デイキャンプ料金支払えばチェックイン出来るとの事で大人4人、子供2人でフリーサイト利用で計6200円。べらぼうに高い訳でも無いので2時間ボーッと待つならいっそ、という事でお支払いを済ませて設営開始。

c0348490_22091263.jpg
なんてキレイな芝生‼︎😍

BE-PAL責任編集の「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100」の堂々表紙を飾るだけはある!
風力発電のプロペラ(?)もなんだか良い感じ。

チェックイン後に施設の長い説明を受け、ようやく駐車位置へ。
我々の推しポイントは受付棟に生ビールがある事(笑)


ズバリ、高規格キャンプ場です。炊事棟、お手洗い共にとてもキレイで近くに「しおさいの湯」という温泉まで。近隣にもリンクしている公園やその他施設多数!
元気な子供のいるファミリーには間違いなく、今まで行ったどのキャンプ場よりも一番お勧め出来る「キレイな」キャンプ場です。

キレイな施設と気持ち良い芝生で、超「ファミリー向け」ですので、静かな自然でのんびり過ごしたいフォレスト派やタープの下で眠るワイルド派、個性的なキャンプ道具で自己満足に浸るギアマニア派は、なにかが足りないと感じるやも知れませんね(笑)


c0348490_22370686.jpg
姪っ子は縄跳び、甥っ子は予想通り人気のコットでゴロ寝、大人は酒盛り(笑)
比較的乾いた風が吹き抜けて実に気持ち良い。
c0348490_22412087.jpg
斜陽に対応すべくタープは西側を低く。
ヒルバーグタープの「お寺張り」は見た目だけじゃなく、風や陽射しに対応し易く前後左右から出入り出来る為、非常に過ごし易かったのを写真を見て思い出しました。

タープポールはずっと愛用しているスノーピークのウイングポールをブラックに自家塗装。240cmと210cmを2本づつで高さをちょこちょこ変えて過ごしました。
c0348490_07443839.jpg
このテーブルだけの写真は撤収しながらの撮影ですが、サンドカラーのタープに黒いポールが予想外にしっくり来て良かったです。



さて、夕飯は、タンドリーチキンとローストビーフに里芋の味噌和えに塩もみ浅漬け等。僕は詰め替えて持参したスパークリングワインで夕方に二日酔いみたいな状態になってしまい夕飯の支度が全然出来ませんでした。

夜も元気に飲める体力やペース配分が必要ですね…。
c0348490_22432472.jpg
ウーン…😗このゴチャゴチャ感をなんとかしたいなぁ…
c0348490_23391850.jpg
最近つくづく思うのは、キャンプサイトに「ビニール」「プラスチック」「シルバー色アルミ」が入ると急に生活感というか「オートキャンプ感」が漂うなぁと。
c0348490_23150373.jpg
折角の移動式住居ならなるべくシンプルに、かつスマートにしたいですよね。
でも、それが目的では無くて、自然を満喫してリラックスしに来ている訳で。
偏屈になり過ぎて楽しめなかったら本末転倒なので瀬戸際が難しい(笑)


今回は人数も多い為モールーム3とヒルバーグタープ20ULの組み合わせ。
MSRのテントにヒルバーグタープってどないやねんって思ってましたが、とんでもなく合わない訳では無いなぁ…。

でも、ココにヒルバーグのテントだと気張り過ぎだよなぁ。持ってないけど(笑)



夕飯も終わり、22時には管理人さんが見回りして消灯。焚き火も消火をお願いされます。
就寝は義母組は車で。嫁さんと子供達はテント。僕は人生初のテント外コット就寝でした。

実はモールームはインナーが目隠しも兼ねてハーフメッシュなので寝てる高さに風が通らず、ベタベタ蒸し風呂状態、暑くて寝られない!テントから出ると涼しく感じるくらい暑い!

「うおぉ、無理だ…」

コットで寝落ちしていた姪っ子を嫁さん起こして、寝たまんまテントに移動させてコット就寝させてもらいました(笑)

c0348490_10543100.jpg


寂しいというか、悲しかったのは、この日のフリーサイトは一番乗りでしたが、僕らのサイトの周りに後から設営されるファミリーで誰一人、挨拶も声掛けも一切してくれない事。確かに、ある程度距離はありましたけど、目も合うし、話し声も聞こえる距離でも。

僕が神経質なだけなのかなぁ…。いやきっとそうなんだ(汗)


たった一言でお互い気持ち良く過ごせるなら、僕は無視されてもめげずに続けたい。



最近うっすら思うけど…キャンプって…ひょっとして「流行って」んの?
c0348490_23241243.jpg


え〜


僕は静かな山の方面派かな…でも、誰も居ないと…怖いわ(笑)




[PR]

by boogiecat610 | 2015-08-23 23:44 | Comments(2)
Commented by 曇り空 at 2015-09-02 18:14 x
うん、最後の写真がエエなぁ~!
子供とテントって合うよなぁ~!
タープの「お寺張り」かぁ、タケちゃんネーミングのセンスあるよね、なんとなくお寺っぽいもんなw
このキャンプ場キレイね!でもワイは絶対行けへんタイプのキャンプ場やけど、小さい子供連れての家族、グループのキャンプやったらベストチョイスかもね。
このテントとタープの組み合わせやったら、周りから浮いてたんと違う??

キャンプ場でのあいさつや声かけやけど、これは色んな考え方があるからひとくくりには出来ん。
しかしまぁフリーサイトなのに隣接して設営してくるんやったら一声欲しいな。
ワイはソロの時は人と触れ合いたくないので(笑)他のキャンパーさんとは目を合わさんようにしている。
他のキャンパーさんもたぶん警戒していて、ワイには声かけてこんからな!
子供連れてるときやグループの時はそれなりに愛想良くしてるけど。
あっ、これは行きつけのキャンプ場だけでの話やで♪
Commented by boogiecat610 at 2015-09-02 22:43
空さん

ふふふ(笑)ワイルド派って空さんの事です。フォレスト派はリッチさん。あくまで僕の中でですが。ギアマニアは少し自分の事(笑)

その通り!なんか浮いてた気がします。もうなんかね、白い目で見られてる気すらしましたヨ…気のせいかも知れませんが…アッハッハー…

…でもね、キャンプって自分達がそれぞれ楽しむ為にするものだから、道具なんて本当は何だって良いんですよね。ファミリーはみんな楽しそうでしたよ♫
自分の車で、親父のエアライズを借りて草津温泉の近くのキャンプ場で、タープの存在すら知らず、雨に降られた初めてのソロキャンプしたあの時が一番ドキドキしましたね。


空さんのソロの時の感じ、めっちゃ目に浮かびますねぇ(笑)でも…なんか分かります。
僕は少し不審がられてるように感じますね〜「ヒソヒソ…」みたいな。
昔のドロボウっぽい顔なのでこればっかは仕方ない(泣)

声掛けの件は色々な考え方があるんですね。今後はあまり気にしない様にした方が気が楽かも知れませんね。かえってピリピリしたら本末転倒ですもんね。


空さんのホームグラウンド、是非一度お邪魔してみたいス!ソロで!

お土産は勿論ジャムッス!(笑)



<< 初秋の「物欲祭り」 ザ・分岐点...      たまにはお庭で七輪 お盆はB... >>